建設業界で働く人の資格情報ナビ「施工管理技士マガジン」

近年、人気の資格、衛生管理者とは?取得のメリットとは…。

衛生管理者とは?

衛生管理者の主な職務は、労働者の健康障害を防止するための作業環境管理、作業管理及び健康管理、労働衛生教育の実施、健康の保持増進措置などがあります。
 
常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要となります。

第一種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができ、第二種衛生管理者免許を有する者は、有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

このページでは、衛生管理者を取得することにより得られるメリットや受験方法をご紹介します。

業種の区分 資格・免許
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業及び清掃業 第一種衛生管理者免許、衛生工学衛生管理者免許、医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント、厚生労働大臣の定める者
上記以外の業種 第一種衛生管理者免許、第二種衛生管理者免許、衛生工学衛生管理者免許、医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント、その他厚生労働大臣が定める者

 
CIC日本建設情報センターでは、衛生管理者の映像通信講座を開催しています。

 

受験するための申し込み方法について

衛生管理者はマークシート型の択一式試験を月に1回から5回行われます。
合格して初めて“衛生管理者”の称号が与えられるため、年に複数回とチャンスが多い試験ではありますが油断できない試験だと理解しておいたほうがいいでしょう。
 
国家試験のため、提出期間に間に合わなかった場合の受験は如何なる場合でも認められません。
うっかり提出期間を逃してしまわぬよう、試験期間をしっかりとチェックしておきましょう。

 

衛生管理者の試験日程

例年、衛生管理者の試験は、全国7地区(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・九州)の安全衛生センターで月1回以上行われています。
 
また、遠方等の理由で、各地区のセンターで行われる試験に参加しにくい方を対象に設けられている出張特別試験が、年に数回実施されています。 
 
なお、安全衛生センターで実施されている試験と出張特別試験では、受験の申請先、試験の開始時刻、受験の注意事項等が異なるため注意してください。衛生管理者(第一種及び第二種)の試験日程、詳細については試験実施団体、公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページを御覧ください。

 

受験申請の流れ

【受験願書の取り寄せ方法】

(1)配布場所より直接受け取り

(2)郵送で取り寄せ
 
(公財)安全衛生技術試験協会本部、全国7地区の安全衛生センター等で配布されている「受験申請書」を、 配布場所で直接受け取るか、協会本部のホームページを参照して所定の手続きに従い郵送で取り寄せをおこないます。
 
なお、郵送での取り寄せ先は、協会本部または受験を希望する各センターのいずれかとなります。
 
郵送で出張特別試験の申請書を取り寄せる場合は、希望する地区名と必要部数をメモ書に明記して、その地区の管轄するセンターへ請求するかたちとなります。

 
【受験の申請について】
例年、受験申請は下記のようになります。受験申請書類の提出先や受付期間は受験場所により異なりますのでご注意ください。
 
(1)安全衛生技術センターで受験を希望される方は、受験を希望する地区の安全衛生技術センターに受験申請書を提出。各試験日の2か月前から、受験申請の受付開始。
 
■ 郵送で受験申請をする場合
第1受験希望日の2か月前から14日前(消印有効)までが受付期間となる。
 
■ 各センター窓口へ持参する場合
直接、提出先に第1受験日の2か月前からセンターの休業日を除く2日前までに持参
(例:試験日が月曜日の場合、2日前は前週の木曜日となる。)

※いずれの場合も、第1受験希望日が定員に達したときは、受験日は第2希望日となる。
 
(2)出張特別試験で受験を希望される方は、協会本部のホームページ等で案内されている出張特別試験案内記載の提出先へ、所定の期間内に提出をする。
 
CIC日本建設情報センターでは、衛生管理者の映像通信講座を開催しています。

 

衛生管理者の受験資格

衛生管理者を受験するためには、所定の受験資格が必要です。また、受験資格を証明する写しと事業者の原本証明が必要になります。
 
特例第一種衛生管理者試験を受験する際は、第二種衛生管理者免許証の写し(原本証明が必要)の添付が必要(受験資格を証する添付書類は不要)です。

受験資格 添付書類
学校教育法による大学(短期大学を含む。)又は高等専門学校【注1】を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書(学位記)の写し【注4】・事業者証明書
大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・学士の学位授与証明書(原本)又は学位記の写し【注4】・事業者証明書
省庁大学校【注2】を卒業(修了)した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)、卒業証書の写し【注4】 又は修了証明書(原本)(課程が限定される場合は当該課程を修めたことを特記したもの) ・単位修得証明書等(学位取得に必要な所定単位を修得したことを特記したもの。)(※1-4の場合のみ) ・事業者証明書
専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
学校教育法による高等学校又は中等教育学校【注3】を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注4】・事業者証明書
10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・事業者証明書

【注1】大学、短期大学、高等専門学校には、専修学校、高等専門学校以外の各種専門学校、各種学校等は含まれません。

【注2】「省庁大学校」には、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、職業能力開発総合大学校の長期課程・総合課程、気象大学校の大学部及び国立看護大学校の看護学部看護学科(それぞれ旧法令による同等のものを含む。)が該当します。

【注3】中等教育学校とは中高一貫教育の学校のことで、中学校ではありません。

【注4】添付書類の写しには「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。

※上表に記載した以外にも受験資格をみたす場合がございます。詳細は、(公財)安全衛生技術試験協会のホームページでご確認ください。
 

衛生管理者の出題範囲/合格基準

【出題範囲】
衛生管理者試験は、第一種・第二種・特例第一種衛生管理者ともに全問5肢択一式のマークシートによる試験で、例年、次表のように出題されています。

  関係法令 労働衛生 衛生管理 総出題数
(総配点)
出題範囲 有害業務 非有害業務 有害業務 非有害業務
第一種衛生管理者 10問
(80点)
7問
(70点)
10問
(80点)
7問
(70点)
10問
(100点)
全44問
(400点)
第二種衛生管理者 10問
(100点)
10問
(100点)
10問
(100点)
全30問
(300点)
特例第一種衛生管理者 10問
(80点)
10問
(80点)
全20問
(160点)

(注1)特例第一種衛生管理者とは、第二種衛生管理者免許を持ち、第一種衛生管理者免許試験を受験する者です。
(注2)表内の問数は出題数を、出題数()内は配点を示しています。また、表内の-は、出題範囲無しまたは出題無しを示しています。
 
【合格基準】
科目ごとの得点が40%以上で、かつ、その合計が60%以上であれば合格となります。
(公財)安全衛生技術試験協会が公表している近年の合格率は、第一種では40%台、第二種では50%台を推移しています。

  関係法令必要得点数 労働衛生必要得点数 労働生理必要得点数 合格に必要な得点
出題範囲 有害業務 非有害業務 有害業務 非有害業務
第一種衛生管理者 80点中
32点以上
70点中
28点以上
80点中
32点以上
70点中
28点以上
100点中
40点以上
400点中240点以上の
得点で合格
第二種衛生管理者 100点中
40点以上
100点中
40点以上
100点中
40点以上
300点中
180点以上の
得点で合格
特例第一種衛生管理者 80点中
32点以上
80点中
32点以上
160点中96点以上の
得点で合格

衛生管理者の受験者/合格者数・合格率について

試験の種類 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第一種衛生管理者 67,080 29,631 44.2
第二種衛生管理者 32,985 17,271 52.4

合格率をみると、他の国家試験等に比べ難易度は高くないように見えますが、平成30年度では、第一種試験では35,000人以上、第二種試験では15,000人以上の受験生が不合格となっています。科目ごとで40%以上取れなければ足切りがありますので受験対策をしっかりとらないと難しい資格でもあります。


CIC日本建設情報センターでは、
衛生管理者の映像通信講座を開催しています。

  1. 1
  2. 2
TOP