建設業界で働く人の資格情報ナビ「施工管理技士マガジン」

様々な場面で活躍の資格、危険物取扱者とは、

危険物取扱者とは?

危険物取扱者は、消防法で定められている危険物を取り扱い、またはその取り扱いに立ち会うために必要となる国家資格です。

一定数量以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、必ず危険物取扱者を置かなければいけません。

危険物取扱者には、甲種、乙種、丙種の種類があります。甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は試験で合格した指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。また、第4類の中の限られた危険物を取り扱えるのが丙種危険物取扱者です。

このページでは、危険物取扱者を取得することにより得られるメリットや受験方法をご紹介します。

危険物取扱者の種類と取り扱い可能な危険物の例

種類 取り扱うことができる危険物
甲種 第1類から第6類全て 全種類の危険物
乙種 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
丙種 第4類の一部 ガソリン、灯油、軽油、重油など第4類の中の限られた危険物

 
CIC日本建設情報センターでは、危険物取扱者 乙種第4類の映像通信講座を開催しています。

 

受験するための申し込み方法について

危険物取扱者乙種第4類はマークシート型の択一式試験を年に2回行われます。
合格して初めて“乙種第4類の危険物取扱者”の称号が与えられるため、年に複数回とチャンスが多い試験ではありますが油断できない試験だと理解しておいたほうがいいでしょう。

国家試験のため、提出期間に間に合わなかった場合の受験は如何なる場合でも認められません。
うっかり提出期間を逃してしまわぬよう、試験期間をしっかりとチェックしておきましょう。

 

危険物取扱者乙種第4類の試験日程

例年、危険物取扱者乙種第4類の試験は、都道府県ごとに、前期(4月~9月)と後期(10月~3月)に区切られ、年に複数回実施されています(道府県は消防試験研究センター支部ごと、東京都は中央試験センター)。

 

受験申請の流れ

申請方法には、「書面申請」(願書の提出による申請)と「電子申請」があり、現住所・勤務地にかかわらず希望する都道府県で受験ができます。各試験日には、それぞれ受付期間が設けられているため、ご自身が希望する試験日の受付期間内に必ず申請を済ませてください。
 
(1)書面申請

受験願書を入手し、所定の試験手数料を納め、必要な書類(必要事項を記入した受験願書、郵便振替払込受付証明書、「危険物取扱者免状」を取得している方は既得免状のコピー等)を揃え、受付期間内に、受験地のセンター支部の指定窓口に持参または郵送してください。
受験案内、受験願書等は、(一財)消防試験研究センターの各支部等及び関係機関の窓口で、受験希望者に無料で配布されています。
 

入手先
都道府県 (一財)消防試験研究センター各道府県支部及び関係機関・各消防本部
東京都 (一財)消防試験研究センター本部・中央試験センター・都内の各消防署

(2)電子申請

(一財)消防試験研究センターのホームページの、電子申請案内等を確認し、その手順に従い申し込み手続きを行ってください。
 
CIC日本建設情報センターでは、危険物取扱者乙種第4類の映像通信講座を開催しています。

 

危険物取扱者乙種第4類の受験資格

年齢、性別、実務経験、国籍を問わず誰でも受験することができます。

危険物取扱者乙種第4類の出題範囲/合格基準

【出題範囲】
危険物取扱者乙種第4類試験は、5肢択一式のマークシートによる試験で、例年、次表のように出題されています。

受験科目 出題数 試験時間 合格基準
危険物に関する法令 15問 2時間 各科目の正答率が60%以上で合格となります(1科目でも60%を下回れば不合格)。
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問

【合格基準】
各科目の正答率が60%以上で合格ということは、試験科目ごとに、下表のような正答数を必要とします。また、2科目で満点がとれても、その他の1科目の正答率が60%を下回れば不合格です。

受験科目 合格に必要な正答数
危険物に関する法令 15問中9問以上の正答
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10問中6問以上の正答
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問中6問以上の正答

危険物取扱者乙種第4類の受験者/合格者数・合格率について

試験年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成30年度(4月~3月) 240,102 93,667 39.0
平成29年度(4月~3月) 256,587 88,328 34.4
平成28年度(4月~3月) 264,946 76,575 28.9

合格率をみると、他の国家試験等に比べ難易度は高くないように見えますが、足切りの影響で例年40%以下の合格率となっており、受験対策をしっかりとらないと難しい印象の資格でもあります。


CIC日本建設情報センターでは、
危険物取扱者 乙種第4類の映像通信講座を開催しています。

  1. 1
  2. 2
TOP